宙(sora)を見上げよう

学びをアウトプットしています。

ツキを呼ぶってできるの?

私には、ダメだ。

ダメな理由を集め始めます。

年齢、学歴、収入・・・。

 

ツイている!

運がいい!

 

願望を強く思います。

できるだけリアルにします。

すると行動力が出てきます。

 

自己暗示やイメージングをします。

 

これ、けっこうどこででも聞きます、本当なの?と思います。

 

真剣に願っていないか、あきらめているいると、叶いません。

ちょっとした願望を叶えてみるところから、自分はツイている!と思えばいい、順番と段取りがあります。

 

 

とある会社の面談に足を運んだのですが、神棚と在庫の山を見ていて、この商品だけで未来は厳しいぞと直感、後日、ご縁がなかったとのメールが入りました。


(思い起こせば、面談の日程を決めるのに、3回もメールを往復していました。早く気付けば良かったです。)

 

死に向かっていくだけだから、仕事が楽しくなくちゃ、もちろんお給料を頂いて、と調べ始めると、不思議と自分の言いたいことがたくさん出てきます。

あ、これいいかも、とメールをしてみるよいお返事が・・嬉しい一言が書かれてます。

先入観や固定概念でダメかもと思っていたら、これ、なかったですね。

 

なんだかんだいいながら、お掃除をして、本の音声を聴き、自分と向き合う時間を確保しています。

 

いつか、できる!

ツキ、ある。

 

日付を入れた設計図を持って、行動を始めましょう。

ピンチや逆境は、チャンスのきっかけです。

 


ことわざとエピソードをつなげているところが、面白いです。

 

 

人生にツキを呼ぶ ”ことわざ” の教え

植西 聰 著