宙(sora)を見上げよう

学びをアウトプットしています。

片づけると自分のことが好きになれます。

片づけは、

選択→決断→行動、

残しておく基準は、

1番大切なもの=ときめくモノ


だから、「理想の暮らし」ができます。


理想の暮らしを考える

暮らしとは、行動、どんな過ごし方をしたいですか。


「美しく、おしゃれな部屋に住んでください。無理に引っ越したり、お金をかける必要はありません。今住んでいるあなたの部屋を、知恵と工夫で作り変えて仕舞えば良いのです。 〜美輪明宏のおしゃれ大図鑑〜励まされたそうです。


「はじめまして。これからあなたの中を片づけていきますので、どうぞ応援してくださいね」とおうちに向かい、ごあいさつからはじまります。


モノの声を聞きます。


玄関 「ただいま」安心感が感じられる

リビング 家族が楽しく会話できる空間

キッキン お料理が楽しくなる

仕事部屋 遊び心と実用

寝室 1日の疲れを癒す

バスルーム モノを置かない、お風呂に入るたびに持ち込んで水滴を拭いて戻す

トイレ ペーパーのストックなどは見えないように



片づけ祭り

1.一気に、短期に、完璧に。

2.理想の暮らしをイメージして

3.見極め、捨てるを終わらせる

4.触ってときめくなら選ぶ、捨てるときは「今まで私を支えてくれて、ありがとう」という

5.正しい順番、モノ別(①衣類→②本類→③書類→④小物類→⑤思い出品)に片づける


①一か所に集め、積み上げ、カテゴリー分け

 たたんで、立てる

バッグと靴もこのタイミング

②床に並べて一冊ずつ手に取り、残すか捨てるか、判断

③全捨て

④一緒に暮らすものを選ぶ

⑤感度を上げたところで、過去と向き合う


持ち主別で自分の聖域を作り、モノ別に住所を。


だいぶ前に一度手にしていたですが、「ときめき」という言葉にアレルギー?反応をして、使えないなぁ、と。


要らないフィルターを外してみたら、本が生き生きと自分に入ってきました。




◇……◇


毎日がときめく片づけの魔法


近藤麻理恵