最初に売り込むのは自分です

誰でも好きなお金のことを知ろうと、どうしたら儲かるのかと思案していて出会った1冊です。


至極当たり前なことの数々、どのように解釈をして、何をするか、全てそれぞれの手に委ねられていることがわかります。



こうすれば儲かる!

ブライアン・シャー著


2003年にきこ書房から出版された本です。


序章 百倍働いても、百倍儲けることはできない

第1章 マーケティングは、自分でやる

第2章 新商品は売れない

第3章 視点を変える

第4章買ってもらえなかった人に理由を聞く

第5章 少しの違いを特別なものにする

第6章 何があっても価格は下げない

第7章 同じ商品をまったく違う方法で提供する

第8章 新規客より、既存客

第9章 蛇口はないかと聞かれたら、シンクごと売る

第10章 ドッグフードを買うのは人間

第11章 広告があなたの会社をつぶす

第12章 経費をかけずに利益を二倍にする方法

第13章 単純化が利益を生む

第14章 レバレッジが会社を劇的に変える

第15章 情報は必要な分あればいい

第16章 優れたリーダーは、立場を譲る

第17章 自分より大きな人間を雇う

第18章 従業員にお金をかける

第19章 勘よりも経験よりも、「テスト」

第20章 「信頼」には、失うものが多い


目次だけ書き出してみました。


2018年、15年前のものですが、古さを感じさせないのは、どれも原理原則にもとづいているからなのでしょう。


たくさんのエッセンスを先人から学べるのは感謝です。