ありがとうをいくつ言えるかな

昨日、スーパーで自然と口角を上げていた自分に気づきます。


食材を買う時間を短縮する人がいる中、一人暮らしの私は自分を食べさせるのに必死です。


油断すると毎日スナックとカップ麺生活そしてお酒の生活をしてしまいそうです。😋


お弁当とカップ麺が毎日だと食べても元気がなくなるのを知りながら、最初に見るのはお弁当売り場です。

(油にもたれやすいのと、調味料に弱いのです。)


お金がないと炭水化物の割合が増えるといいますが、面倒だとそうなることもよくあります。


パン、麺、ご飯。


順番にこんな感じでしょうか。


すぐに食べれてエネルギーにかわり、一皿で満足できるもの、です。


惣菜パン、パスタ、ラーメン、うどん、蕎麦、おにぎり。


お惣菜を眺めて、今朝作ったポテトサラダと見比べます。

私の手作りも負けてないと変な競争心です。


そこから、逆回り、乳製品を眺めてお肉お魚野菜果物、と。


最近はお野菜をかんたん酢に漬けておいて食べる習慣ができて、毎日お野菜を買っているので、タンパク質は不足ぎみだからの思いが要冷蔵を先に見るようにさせているみたいです。


今消費するものと近い未来、冷蔵庫や貯蔵スペースを眺めて元気が出てくるものを意識して見るようにしています。


小さい冷蔵庫なので限界はありますが、文明の利器に感謝です。


当たり前だと思っていたことを当たり前じゃないと思うと、ありがたく(有るのが難しい)となるのですね。 


いくつ言えるかな。



◇よく眠れること


過眠症ぎみだけど、不眠症ではなく、寝る場所があって、真っ暗にして(しなくても)眠れます


◇食べられること


好きなものを好きなだけ食べられます


◇動けること


思い立ったらすぐに動けます。

今日は、携帯のアラームに起こされました。

ひとりなので、クレームを聞くことはありません。


自分の体が健康だということが感謝の源でした。