どれもこれも。

あれもこれも続きません。


生きにくいのは、生活環境のせいだとおもっていました。


周囲には変な子だよといわれていたり短気は損気といわれていたことがあったので、自分を責めていたのです。


集中できることを探して習い事をしてみました。


昨日、このブログを更新してから、ADHDの広告が表示されるようになりました。


色々当てはまってきます。


受診する病院は、、あれ?行ったことがあるぞ、と。


20年以上も前です。

睡眠薬精神安定剤を処方されました。


眠れていました。

なぜ薬がいるのかな、薬漬けにされるのは困るので、通院は1回か2回だったかな。


それから、うつ病の症状を探し改善することを探し始めました。


ハーブクラフト教室にも通っていました。

ハーブはヨーロッパで薬として認められています。


NHKEテレの番組で見た記憶があります。

教会の一角にありました。

木の棚に乾燥した薬草が並んでいて、無造作に掴んでは紙袋のような袋に入れてお大事にって渡されていました。


病院探しをやめました。

そして、医師にたよるのもやめました。


生きたい、なにかをしたいというエネルギーは私の中にあるはずと思っていた頃です。


個性だと思うことにしました。

どんな障害もすべて個性です。


生き辛さも。


まるっと全て持ち合わせて、生かされている、、それだけのことです。


職場では、誰かと比べて頑張っていないなと自分を萎縮させて表情が曇ってしまったり、キョロキョロするので職場上司が何ですかと近寄ってきてくれたり、間違いを社員問われ同僚には大変だったんだよと言われ指摘されると感じて萎縮をするなど、日本の会社社会に馴染めませんが、まぁそれはそれです。


迷惑をかけてはいけないし、他人の時間を使ってはいけない、、はぁ、です。


早く帰ると嫌がられるし間違えても嫌がられる、、、。


職場の別の同僚には、仕事合わないでしょと。

そうなの、と肯定をしてしまいました。


会社に合わせようとするから、合いません。

自分を知り、できることを続けて価値を提供できるようになれば環境は変わるはずです。