もっと甘えていいんだよ。

職場の同僚に、もっと甘えていいんだよ、と言われました。


皆できることをしてあげたいと思っているのだから、と。


そしてもうひとりには、間違えたらすまないというより、ありがとうを伝えるといい、と。


気持ちが楽になりました。


そして、間違えたのに落ち込んでないじゃん、どうしたの?と問われて、「学習障害があるんじゃないかと思っているの」と率直に伝えました。


筆記テストができることを周囲は知っていて私のことを賢いと思っているようで、そのギャップに怠けていると勘違いされているようなのです。


記憶が留まらないことを正直に伝えました。

そうすると、少し優しくなったようです。


友人にも伝えると、興味がないから覚えていられないのよと厳しい言葉が消えました。


興味があろうとなかろうと、覚えられません、ごめんなさい、と伝えました。

楽になりました。


閉ざしていた心を開きました。

これで離れるならそれでもいいと思ったのです。


開き直りと捉えられたら嫌だけど、まぁ仕方ない、わざとではなくて、覚えようとすればするほどダメです。


素直になってみると、周囲が動いてくれました。