余計な力を抜く

何か注目される人をみているとエネルギーを感じます。


動物としての生命力なのかしら。

転んでもただでは起きないと。


私は、ちょっとのことで思い悩むかと思いきや、必要なところを気にしなかったりします。


年齢を重ねて誰にでも好かれている人は、心配りが出来て共感力があってコミュニケーションの高い人のようです。


感心しますが、比べてしまうと自分が窮屈になります。

 

ありがとうでいいでしょと行ってくださる方がいて、確かにその方が嬉しいと思ったのでした。


当たり前を当たり前とせず、特別を特別とせず、感謝の気持ちと新鮮さをもって過ごしたいものです。


自然に力が出てくるはずです。