成長中です。

プライベートと仕事、どちらも満たされないと感じていた頃、自分の能力ばかりを責めていました。


現実社会ではうまくいっていた頃です。

満たされなくてたくさん散財したものの満たされていませんでした。


そして今現実社会ではうまくいっていないようにみえますが、とても満たされています。


心のバランスの取り方や現実の捉え方がわかったのです。


パニックをおこしていると、助けてくれる人が現れます。


不具合があると、直してくれる人が現れます。


人の好意に気づいて、不器用ながらも感謝できるようになってきたからなんじゃないかと思っています。


感度を上げてと学びを重ねて色んな人の力になるために、今日も頑張ります。💪






私ってバカね~

ジャッジをしたり、バカだよね~言えない人が他人に迷惑をかけてしまう人らしいです。

 

そういえば、自分は正しいと思って主張する時に限ってその主張は要らなかったなと後悔することがあります。

 

処理を間違えているのは明らかなのに、間違えを認めると信頼されなくなかも「とか、要らない見栄とか。間違いを認めない方がいいと勘違いをしている時です。

 

そうすると手を差し伸べようとしている人がいても気づかないで孤立します。

 

え、違った?

ごめんなさい、どうすればいい??

 

これで済むこともあるでしょう。

相手を責めたり自分を責めることなく、本来の道にもどせばいいだけだとすると、この軽い感じで充分かもしれません。

 

まじめに考えれば考えるほど引っ込みがつかなくなりますので、ほどほどに。

 

私ってバカねー、って切り替えようかと。

 

つぶやきでもいい、言えるかな。

 

 

 

 

 

 

 

医学は日進月歩

慶応大学病院の先生の子宮移植のお話を聞いていました。

 

生まれつき子宮がない、癌で子宮をとってしまった、という方が、亡くなった方、自分の母、姉妹、から提供を受けて体外受精の受精卵を育てるそうです。

 

閉経後の子宮でも良いですし、生命維持臓器ではないので、つけたらとるので拒絶のための免疫抑制剤がが要らないそうです。

 

これによって亡くなった方はおられないそうですが、医学、倫理、経済、の問題があるそうです。

 

日本ではまだのようで、これをどう考えるかは人それぞれですが、確実に医学は進歩していて、選択肢が出来つつあるのは確かです。

 

物体としての人の体の仕組みが解明されるとともに、生命が与えられて時間が伸ばされていきます。

 

シンプルに考える力を身につけて右往左往することなく、生命を全うしたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大好きなあなたへ、感謝を込めて。

女性は色々忙しいです。

 

子供の時間に合わせた働き方をしたい、

義母の様子を見ながら働きたい、

定年で、、

 

ランチ仲間が職場を後にします。

何をお渡ししたら喜んでくださるだろう、と毎回悩みます。

 

水筒が壊れたからと名前入り水筒を、

日傘をなくしたから日傘を、

工作が好きだからペンを、

 

それぞれ希望を聞いて、ネットにキーワードを入れて検索してみます。

 

具体的に商品を決めているわけではなく、会話の中から探りました。

 

商品に迷い、お店で迷い、パッケージを迷います。

 

ま、まに合わない!!

なんてこともありました。

 

時間と手間をかけても、渡すのはあっという間です。

 

時間をかけても、かけなくても、、

いや、時間をかけなくても、喜んでもらえるものに出会えればいいなぁと思っていました。

 

いいお店見つけたので、備忘録がてら。

 

みているだけでも、楽しいです。❣️

 

 

 

こちらは、お手製のいただきもの。

 

f:id:skyblueearth:20170917123015j:plain

 

すぐにアレンジできるのって、素敵です。

 

 

 

 

 

 

文系か、理系か。

「私、文系だから」と会話の中に出てきたときに、なんだそれ?と思っていました。


私は文系も理系もありません。
っていうかよくわかりません。

高校では文系だったように記憶していますが。

簡単に言葉として使っていましたが、解釈をつけてみました。

文系とは思考を言葉にする力で、理系は思考の客観的証拠なのではないかな、と。

私は、早起きが得意ですし、好きです、、だって気持ちいいし集中できます。


朝は3時に起きて、毎日散歩に出て体調を整えています。

寝坊のために遅刻をするということはないばかりか、勉強を2時間しています。

そのため、〇〇の資格試験に挑戦し合格しました。



てな具合です。
根拠が理系なのかと問われると、、?ですが、数字に落とし込むことで、目に見えて比較しやすくなります。

こういうことだったんですね。

些細なことの積み重ねがその人を形作るということがだんだんわかってきました。😋




原因と結果の法則

最近はランチタイムはふたりになりました。


全ては科学そして統計だねなんて話しています。


あまり賢くないからかざっくりしていますが、ふたりで納得しています。


理系の大学に通っているというお子さんの話から、薬学や医学まで。


ある事象に対してあることをしたら得られる結果のバリエーションや傾向を書き物や言葉から受け取って蓄積していくと統計になって再現性の根拠となります。


学生の時にこの理解ができていたら勉強していたかしら?


毎日床磨きをしていたら、床が滑ります。

お掃除をするようになったら、色んなものが見えてきました。

雨漏りや水漏れの跡そして、障子や網戸の破れ、電球のキレ、インターフォンの故障、トイレの水漏れ、ネット回線の水没ど、、、。


これも原因と結果、そして科学。


以前はこれらひとつひとつにどうしよう😨といろんなところに足を運んだり散財していました。


バブル期に建てられた、100年もつと言われた建物は、素材はいいのに使い勝手はいまひとつ、故障は頻繁で、お財布からお金ばかりを持っていきます。


静観をして、結果から行動することにします。


今は実態調査と自分の未来探しです。

見つかったら、行動開始です。😋


それにしても、片付くほどに色々粗が見えてきます。


とほほ。😵



ごめんなさい、ありがとう

どうやらわたしはごめんなさいを言わないか、言って終わり、だったようです。


ごめんなさい、ありがとう。


相手の顔を見て言えないことが人間関係をこじらせてしまう行動だったのかもしれません。


悪いなと思いすぎるあまりに、声と行動になってしまって引きずることが多々ありまして。


ありがとうの先に、あなたがいたから良かったという思いが、相手の行為に対する行動が次に繋がるんですね。


このときに笑顔ができるように。