変化の兆し

朝晩瞑想をしています。


人に嫌われたり避けられたりするのがこわくなくなってきつつあります。


仕事ができなくても許せるようになってきています。


過去の不満がどうでもよくなってきつつあります。


なんか変な感覚です。


友達も恋人も家族もいなくても、さみしくありません。


他人の心配事を引き受けなくてすみますので、気が楽です。


人から見たら理解不能かも知れませんが、人と違う育ちをしてきたからか、ただ単に性格からなのか、1人の今が1番快適です。


ひとりになりたくさんのことに感謝できるようになって安定してきました。

スタバに感謝

以前は毎週末スタバに足を運んでいました。


郊外ですので、空気も景色も良くてソファも座り心地よくてつい居座っていました。


少し高くても価値ありと感じていました。


店員さんの距離感がちょうどよくて、迷っているとさっと味見用のコーヒーを提供してくれました。


久しぶりに行ってみると様変わりしていました。


店員さんが入れ替わり立ち代りまだかと言いたいように要らない説明をしてきてくれます。


しまいには隣の男性は靴を脱いで裸足でした。


日本てオシャレじゃないな、とがっかり。


そういえば前回は大声でクレームの電話をする女性が隣だったことを思い出しました。


椅子の配置換えの影響かもと密かに思っています。


もう、行かないな。。


肝心のコーヒーのお味も、、これでこの金額かとがっかりだった出来事です。


無駄遣いしなくてすみます。

ありがとうございます、スタバさん。



SOSを受け取る

電車内でバタンと音がしました。


女性の声がします。

SOSボタンを押してください、と。


表示を見てもよくわからないでいると、誰かがボタンを押してくれたようです。


次の駅に止まり、扉が開くと手を振る女性。


若い男性の近くには中年の男性が様子を見ています。


子連れの女性が音に気づいて走り寄り声をあげたようでした。


意識はあります!と。


初めての経験で戸惑いました。


電車にはSOSボタンがあり扉番号を伝えると、駅係員が足を運びやすくなります。


次回は役に立とうと思ったのでした。



それ、名誉毀損です。

それ、名誉毀損です。

今度言われたら録音しておいてください。


弁護士に言われました。


テレビでしか見たことない聞いたことない言葉です。


呆然としていました。

それは、言われ過ぎて麻痺していたからです。


ひとりではなく、2人3人…と。

人嫌いだった私の根底には不信がありました。


昔の人は当たり前だったのかもしれません。

身内だと思って信じていてひどい目にあったのは一度や二度のことではありません。


仕方ないと思って諦めてもいたし、誠意は尽くしたいとも思っていました。


そんな私に弁護士は我慢しなくていいと教えてくれました。


自分の味方である応援団をつくるには、客観的証拠がいります。


相手を悪者にしないために言葉を選び人を選ぶのは大切なことだと実感しています。





親孝行とは

私は親不孝者です。


それは理解が不充分だったからです。


病院の先生をはじめとする医療関係者の言葉と親の言葉と家族の言葉の理解をどうしたものかと後悔と反省がたくさんありました。


医療関係者は自身の価値をもとに、生命の生命を維持することとその人の生命力の限界を予測して覚悟をするようにと。


家族は今できる限り快適に過ごして欲しいと願い言葉に変えました。


親は健康に生きることにこだわりました。


不一致でした。

自分を責めました。


訪問医療に携わる人たちの音声を聞いていています。


最後を看取る人の関わる人への想いが生きることの当たり前なんじゃないかと感じています。


自分を素直に表現して、周囲の人達とのコミニュケーションをしていくうちに、生き方が見えてきます。


全ての人が穏やかになれる選択を探るのが、幸せにする介護や看護なんですね。


しっくりきました。





私、失敗しないので。

外科医大門未知子、大好きです。

時に、デーモン(悪魔)と呼ばれることもありますが、手術以外は全く興味がない、『美人な手術オタク』です。


自分を知り表現している、あの行きすぎるぐらいの自信は、潔さを感じます。


お医者さんの書いた本を読んだり、音声を聞くことはあっても、信じていません。


統計であり科学である、医学ですが、現象や事象はあっていても、自分を良くしてくれる可能性が高いというだけのことですから。


人の体は部分替えや修復がしやすくなりましたが、根本が変わらなければ、また同じことです。


生活習慣で蓄積されて現れたものでしょうから。


そこで、最近の興味は、人の体の部品の役割と扱い方です。


心の扱い方、そして体の扱い方、です。


学生時代には意味が良くわからなかった、『養生訓』を2冊、訳者と発行が違うものを手に取りました。


貝原益軒(1630-1714)

体は大切にすべきもの、心の持ちようが体に影響を与える


少しずつ読み解きます。








発酵か腐敗か

大便をみるとわかる

-便は自分がつくっているもの-



発酵も腐敗も微生物による分解作用ですが、人間にとっていいと発酵といい、悪いと腐敗という、善玉と悪玉ともいわれます。


便秘は腐敗物質を止まらせているので、肌荒れや悪臭を放ったりするというわけです。


口から入った食べ物は肛門から排出されます。


8〜9mその間に、消化、吸収されます。

唾液の中の消化酵素ででんぷんが、胃液の中の酵素でタンパク質などが小腸を過ぎて大腸で水分とミネラルを吸収しながら便を出すという工程を経て、排出されます。 


肉食が嫌われるのは、

便が黒くなるだけでなく匂いもすごくなり、腸内環境が悪くなります。


反対に大豆食品は腸内細菌の働きによって『エクオール』という物質に変わり乳がんを抑制したり、骨の形成に関わるビタミンKが多く含まれているので好まれるようです。



⑴作り 元となる食べ物を取り入れる

⑵育てる ビフィズス菌を増やす

▶︎発酵食品やヨーグルトや乳酸菌を取り入れる

⑶出す 運動で腹筋などを鍛える

▶︎20分ほど歩く



悪玉が増える環境から善玉が増える環境に変えることが健康に繋がるようです。