宙(sora)を見上げよう

学びをアウトプットしています。

諦め方を知る



人間は生まれながらに病んでいる。

40年以上にわたって、12時に原稿を書き始めて5時前後に終わる。

それで72年生きている、健康診断はしていない。
 
身体語を聞く、身体にメスを入れたという経歴は消えない、末期発見、手遅れを覚悟して、自分の健康に責任を持つことだ、天寿を全うする、と。

治療より養生。

生まれた日から壊れるから、故障を起こさないようにする。

身体語をマスターする。

心を開いて身体の声を聞く。
・のど乾いた
・肩が痛い

ドイツで気圧が下がるからスピードをさげるようにと運転者である氏は、心身機能が低下するから、と聞いたことで気圧と身体の関係に着目したようだ。

他人からの情報で失敗するか、自分からの身体語で失敗するかの差だと。

養生とは生を養うこと。


腰痛、偏頭痛、呼吸不全に悩まされながらも、自分の身体をと向き合っていくことでやりくりしていくことの大切さを教えてくれています。

人より早く親の死と向きあい、病院への不信やもっとしたかったであろうたくさんのことを思う時、諦められなかったであろうたくさんの思いに至る時、なぜか罪悪感を感じていました。

ひとつのことが原因ではなく、多くのことが起因している、それもその人の個性であり天命だと今のところたどり着いています。

難しいことはよくわかりませんが、全ては経験です。

全て自己責任と多くのことを考えて生活しているたくさんの文章に触れる時、正解はないのだからしっくりくるものを自分で選ぶだけなのだと思うのです。

◇……◇

養生の実技



あたためるといいことあります。

生き方が病気を作る、とは。


現代医学はモノを見る精神医学は脳をみている対症療法ですが、人間を見る行動療法を行なってるといいます。


健康                       →病気→治療 (外科手術や投薬治療)

健康(生活習慣)←病気←治療


例えば、癌について

・もともと癌になる要素があったのか

・癌になったからそうなったのか


癌は毎日できる免疫力で治るのだが、自分を信じ抑えると免疫力を抑えてしまうので癌になりやすくなります。



心をあたためると免疫力が上がります。


こども(ありのまま)の自分とおとな(責めて、押し殺し、無視する)の中の悪さが病気になります。 


転んでしまったあとのおとなの声かけで変わります。


・なんでこんなところで転んでいるの、恥ずかしいわね、我慢しなさい

(免疫力が下がる)


・痛かったね、大丈夫、ちょっと上むいてごらん

(免疫力が上がる)


否定(そのままではダメ、いい自分に変えようとする)か共感(そのままの自分でいい、見捨てないで、受け取る)のどちらかを選ぶことでその先が変わります。


自分のことを5でまわりのことを5で考えるとプラスマイナスゼロなので、自分のことを10考え始める、自分を大事にしたら、まわりも大事にしてくれます。


大好き♡

この言葉の感じ方が自分への価値観、マインドコントロールされています。


このままでいいんです。

大好き❤


意識、言葉、行動、の癖を変えましょう。

大好き、大丈夫、というと流れが変わります。


過去に閉じ込めた自分は過度のストレスで症状に現れることがあります。


思い出して丁寧に声をかけていく認知療法を行うことがあります。


頑張る自分とバランスを取っている人がいるから慎重にやらなくてはなりません。



身体の冷えを治すために


冷え性の先にあるのは

うつ病

不眠症

パニック障害

・便秘、下痢

不妊症などの

・花粉症、アレルギー鼻炎

・癌

熱中症代謝が落ちている人が冷たい水分を取るから。冷えると水分を出して体を温めようとします。


どうするか

・水分の取り方を工夫する(水分をとりすぎない、体温より低いものは飲まない、ちびちび飲む)

・足元を温める(靴下を履くなど)

・お風呂の入り方を工夫する(徹底的に半身浴をする)


精神医ならでは、病気は生き方を考えるきっかけだそうです。



冷たいかも、どうしたら良いのかと模索しています。


心身ともに「なんとなく」感じていました。


精神科の医師に伝えると、睡眠薬精神安定剤を処方されたのですが眠れていたので通院をやめました。


こどもの頃は「変な子」「自意識過剰」などと言われて相手にもされませんでした。


すべてつながっているのは感じていたためいろんな人に「なぜ」や「どうしたら」を聞いていました。


なにをやってもうまくいかない気しかしないのは、ここでいうなら自分を10にしてこなかったからなのでしょう。


うまくいく人は、人を責めていないかも、人を責めてもフォローしているな、と気づきました。


責めると次につながりませんが、責めないと人脈になる可能性があります。


こころとからだはあたたかい方がうまくいくようです。



◇……◇


こころとからだのオーディオブック


於保哲外 於保真理子 著







勉強した方がいいですか?

偶然目にした動画で勉強方法がありましたので、書き出しました。

 

論文の文章構成は以下のとおりです。

  1. アブストラクト(何をしたか) ①
  2. イントロダクション(何をしたいか)
  3. 関連研究(他との違い) ④ ←
  4. マテリアル&メソッド
  5. 実験結果(主張の証明) ③ ←
  6. 議論(良さ悪さ)
  7. 結論(何をしたかどこまでできたか・詳細) ②
  8. 参照文献(他の研究)
①と②を読んで概要をつかみ、④は新しさと違いを、③が主張が証明されているか、わかります。
 
本読みは突き詰めると論文に行き着くようです。
 
 
一般人が勉強について知りたいことは、
 
  1. 勉強に役にたつの?
  2. どうしたらいいの?
 
ですね。
結論から言うと、役に立ちます。
選択肢が広がったり、コミニュケーション能力が高まることで、人生の質が高まります。
 
では、何をしたらいいか知りたいですよね。
本を読んでアウトプットを繰り返します。
同じ分野の本を読みます。
すると、共通認識わかります。
 
勉強とは他人が研究した結果を学ぶ、教科書を読むことで、研究とは他人が勉強可能な状態にしてあげる、研究をすることであり、
仮説を検証して、知識が広がり、合理性がわかり、発見に到るという循環です。
 

分解(構成要素)、改造(真似)、鑑賞(評価しあう、好き嫌いを論じる) + いたずら

 

鑑賞眼は、感情がないものをはじき、ヒトと事柄をわけて考える、いたずら心はやるだけ磨けます。

好奇心と興味がインプットとアウトプットの回転量の速さにつながります。

 
 
落合さんの頭の中はDigital Nature(独自の言葉)で表現されていて、みたままの美とアウトプットの計算を融合された思考があるようです。
 
文系の頭脳だという父信彦氏の批判の言葉を見ては理系の頭脳をもつ氏はググるという行動をしていたそうです。
 
落合陽一氏、学問のススメ より編集
 
 

今、行かなきゃ!

邪魔だよ。

会社から戻り自分の部屋にいます。

 

大学院を卒業して大手出版社に就職した29歳の男子が呟く、「こんな世界、嫌!」という願いが叶えられたどり着いたのは、江戸時代の行商の本屋でした。

 

お給料がいらないから働かせて下さいと伝えます。

 

「笑顔を忘れずまず人を喜ばせる、人とのご縁を大切にする」こうしていると気持ちがいい、と心得がが店内にはられていました。

 

「学ぶはまねぶ、学ぶのは本人自身なんですよ」

 

家と店の掃除をするように言われ、きれいだからいいじゃないかと言うと、きれいだから掃除をするのではなく掃除をするからきれいなんだと言われます。

 

行商は、ものをやり取りして話を聞いて信頼関係で商売をするのだといいます。

 

だんなさんの赤子が熱を出したとおくさんが困っている、この時代の医者は自称が多くやぶと言われていた。

 

熱を出した子に薬を使ったという人のもとに足を運ぶように伝えるだんなさんの声にはきものを揃えます。

 

戻ってきたひとはこれが効かなかったら・・・と教えてくれます。

 

 

脚下照顧

袖すり合うも他生の縁

 

自分自身を省みる行動のはじめの一歩が出だしを揃えるために「はきものをそろえる」なんですね。

悩んだら掃除をしよう、と。

 

朝生まれて夜死ぬのだとすると、テレビは悲観的なことを象徴的に演出しています。

テレビを消して、言葉を選んでいきます。

みんなが違っていていい、当たり前、認めて、暖かに見ます。

ひとのこと7、自分のこと3で考えて行動するといいらしい、です。 

 

◇......◇

 

はきものをそろえる

世界一簡単な成功法則

 

清水克衛 著

 

 

 

毛細血管から健康に。

毛細血管は

機能低下が起こると、血液を届ける機能が徐々に損なわれていきます。

細い血管とはいえ、全身にくまなく張り巡らされていますので、脳梗塞認知症…シミ・シワ・たるみ、抜け毛や薄毛など影響は全身に及びます。

そして糖尿病の三大合併症(神経障害・網膜症・腎障害)は毛細血管の代謝障害だったのです。


毛細血管力が上がると、

病気を防ぐ
若々しくなる
免疫アップ
冷え性対策

年齢とともに減っていく毛細血管、血流をアップさせれば毛細血管は自分でふやせます。

血管年齢=健康寿命

体の再生には
・道具 食事と栄養で正常なホルモン分泌
・ルート ゆるんだ毛細血管
・時間 質の良い睡眠
です。

血流が流れないということは、酸素や栄養素が届かないばかりか、二酸化炭素や老廃物が回収されませんし、免疫細胞やホルモンも移動しませんし、体温調節もできません。

細胞の機能低下病気になったり、老化が進みます。


毛細血管力アップには。

毛細血管は
自律神経でコントロールされています。

自律神経は
「交感神経-日中優位になる闘争と逃走の神経」収縮と「副交感神経-夜間優位になる休息と食事の神経」緩みがあります。

アップ3ステップ

→①副交感神経を優位に(呼吸法、マインドフルネス瞑想、入浴、ストレッチなど)

→②血管をゆるめる(睡眠、食事、嗜好品、生活習慣など)

→③血流をあげる(無酸素運動有酸素運動、筋トレなど)

→①へ

さらにアップするために味方につけたい

ホルモン
(夜眠っている時に作用、体内時計の影響を受ける)
・成長ホルモン 新陳代謝を促す
メラトニン 抗酸化

自律神経のトータルパワーをあげるように生活習慣を工夫します。

手っ取り早いのは、同じ起床時間で朝の光で体内時計をリセット、良質な睡眠をとることのようです。



◇……◇

毛細血管が寿命をのばす

根来秀行 著



何を片づけますか

作業療法士からヴィパサナ瞑想から瞑想トレーナーとして活動の瞑想とは。

瞑想は、心の乱れを整え、心の平安を取り戻すのに最適な方法です。


幸せを感じる、5分の瞑想と片づけ。 


まず、瞑想について


瞑想で、精神状態が無の状態といっても難しい、そこで、リラックスする、と変えます。

リラックスすると、「本当の自分」に気付きやすくなります。

潜在意識(知覚している)と顕在意識(知覚していない)意識がありますが、瞑想により潜在意識の中にある「本当の自分」に近づくというイメージです。

・心が片づく
・健康になり、美しくなる
・自分軸が定まる
・運気が上がる
・感性が磨かれる
・孤独を感じなくなる
・気づきが多くなる
・スピリチュアル能力が開花する
・夢を実現する力が高まる
・時間を有効活用できる
・ネガティブな感情を捨てられる


次に、部屋の片づけについて


・モノを捨てる
・モノを定位置に戻す

大好きなモノ以外はすべて処分、人生を変えたければ、「増やす」のではなく、「捨てる」のです。

それでも、なかなか捨てられない、その原因は

・未来への不安
捨てたら、また欲しくなるのではないか。
・過去への執着
好きだったものだから。

では、今、大好き、大事にしたいのは?
現状維持を脱して、必要ものは、未来から必然的やってくる、今の自分を肯定しよう。

顕在意識(目に見える)部分から潜在意識(目に見えない)部分を行ない、「邪魔だな」「もういらないかも」と感じたら、そのタイミングで捨てます。


瞑想空間について

1人になれて、自分が心地よく感じる場所
・少し暗めの照明
・室内の香り
・音楽

朝、人の活動的なエネルギーの影響を受けない時間帯で、食事前、毎日。

・瞑想中は目的を一旦忘れる
・リラックスできる姿勢で
・鼻から息を吸って口から吐く

雑念はあって当たり前、放っておきます。


ダイヤモンド・メディテーション💎

リラックスできる体勢で、

「下丹田に白く輝く白光のエネルギーボールがあります。」

と始めます。
体の中心である下丹田(おへそから3〜10cm下)に白く輝く直径15〜20cmの球体の光、魂にアクセスする窓口です。

深呼吸や背伸びで現実に戻ります。
本では、他にも紹介されています。



瞑想は色んな方が紹介してくださっています。
一週間やっています。

私は、いくつか試して、
自己流で落ち着いていますが、
リラックスして呼吸で体が動いているのを感じ、雑念は放っておき、祖先や両親、家族、未来に関わる方々、過去に関わった方々、友人、天(大気や太陽など)の恵み、大地(海や作物など)そして、すべてに感謝をして呼吸に戻ります。

あることがふっと浮かんで、涙が落ちました。
悲しいかったのではなく、きっと何かが落ちたのでしょうね。




◇……◇


心の片づけ
日常に平安と幸せをもたらすカンタン瞑想のススメ

熊木幸奈 著




選ばれる人になろう。

肩書きがないならあなただけの特徴を言えばいいそうです。
 
孤児院で、
 
1時間あります。
あなたなら何をしますか。
 
杉山さんは、ひとりひとり握手して、
「夢は何?」
みんなで、
「I can do it!  You can do it!  We can do it‼︎  」声を出したそうです。
 
 
肩書きがなくて自分を勧めたいですよね。
 
何者か?
10の特徴のキーワードを、キャリアシートを書いてみましょう。
 
 
なぜ、あなたを選ぶの?
特徴がわかると、何者かがわかります。
 
1.自分を知る
大好きなこと
やりたいこと
よいところ
得意なところ
 
2.未来を描く ひとことで書く
20代
30代
40代
仕事、ライフスタイル、家庭
 
3.成長戦略を考える
仕事、ライフスタイル、家庭
将来の目標ー現在=何を、いつまで。
 
未来の履歴書を書く
 
 
未来はこうなるから、こうしておこう、
考えて、好きなことを見つけ、強みを見つけて、磨き、最大限活かせる場所を探しましょう。
 
 
自分の価値はいくらですか。
意識して、価値を上げるのは、自分です。
 
 
すべての言葉が生きている本です。
行動したい方へ、お勧めです。
 
 
ちなみに・・
・人から字(ペン字)がきれいだと言われます
  会社のご祝儀袋の文字を書いてと頼まれたことがあります
・整理整頓(業務改善)と道具の整備が得意です
  社長さん達から職場がきれいになっているとお褒めの言葉を頂きました
  職場の同僚から手順書がわかりやすいとお褒めの言葉を頂きました
  なんだかんだ家の中も整ってきました・・人からは何もなさそうと言われます
・おにぎりを三角に作れます ・・それも少し大きめです
・スピーチは心が伝わってきましたと言われました
  アナウンサー養成講座や朗読ナレーション講座を受講したので、少しだけコツを掴んでいるつもり、です。
・お抹茶たてられます ・・あ、これは飲みたいからです
・スーパーの中や街の中1~2時間歩いていられます ・・眺めているのが好きです
・絵を描くのは好きです ・・とはいえ、何年かに1枚の印象派
微妙かな?!
 
 
 
◇……◇
 

行動する勇気

 
杉山大輔 著