ごめんなさい、ありがとう

どうやらわたしはごめんなさいを言わないか、言って終わり、だったようです。


ごめんなさい、ありがとう。


相手の顔を見て言えないことが人間関係をこじらせてしまう行動だったのかもしれません。


悪いなと思いすぎるあまりに、声と行動になってしまって引きずることが多々ありまして。


ありがとうの先に、あなたがいたから良かったという思いが、相手の行為に対する行動が次に繋がるんですね。


このときに笑顔ができるように。







笑顔がみたい

どうせ同じ時間をすごすなら、笑っていたい。


どうせ同じことをするなら、笑顔がいい。


誰に強要されたわけでもないのに自分を責めて責めて責めていました。


とある脳科学の先生が、相手が起こっているときはまともに聞くことなく、さっと席を外して、静まったころに違う角度から語りかけるといいといっていました。


確かに、まともに聞かれるといらないことまで言われることがあるし、反論されると同等に言いたくなります。


さっと席を外して、伺うようにいいかな❓

混乱していたみたいだから、って言われたら、そう見えたのかと冷静になるかも、と。


あなたの笑顔が見ていたいって、いいですよね。❣️





シンプルが美しい

相手の心の声をかけるように、呼吸を整えてみます。


…そのつもりが、ひとりで話し続けて呼吸が早まってきて、こじらせているみたいです。


自分のしてあげられることをすぐするのはいいのですが、振り返っていなくて反応を見ていない。😝


これがわたしのコミニュケーションがしんどい理由です。


もっと、環境を眺めて選ぶ、、


行動が結果につながっていて、それが良いかどうかは色んな要因があるから。


結果を受け入れる、、


過去はどうあれ、未来を今選ぶ、シンプルなことを思い出さなきゃ。




極めた先に見える世界

営業なら自信があるというある方は、話をしているだけでおよその収入や地位がわかると話してくれました。


ある靴職人は足を触っただけでその人の性格や高価な靴を履いているかわかると言っていました。


ipsソムリエなる人がいて、その人は見ただけで細胞の良し悪しがわかると言っていたそうです。


プロになりそびれたなぁと感じる時です。


計算機、パソコン、、、これからは補正知力ではかったほうがいい、ととある医師が言っていたのを思い出しました。


確かに、安価な複製品で溢れてものが豊かになった現代は、問題解決能力が世の中の創造や発展に役に立つのでしょう。


学ぶ→まねる(経験する)→わかる→創造する


今すぐの結果を求めるのではなく、未来を創造する行動ができるか、立ち止まっている場合じゃなさそうです。







ありがとうをいくつ言えるかな

昨日、スーパーで自然と口角を上げていた自分に気づきます。


食材を買う時間を短縮する人がいる中、一人暮らしの私は自分を食べさせるのに必死です。


油断すると毎日スナックとカップ麺生活そしてお酒の生活をしてしまいそうです。😋


お弁当とカップ麺が毎日だと食べても元気がなくなるのを知りながら、最初に見るのはお弁当売り場です。

(油にもたれやすいのと、調味料に弱いのです。)


お金がないと炭水化物の割合が増えるといいますが、面倒だとそうなることもよくあります。


パン、麺、ご飯。


順番にこんな感じでしょうか。


すぐに食べれてエネルギーにかわり、一皿で満足できるもの、です。


惣菜パン、パスタ、ラーメン、うどん、蕎麦、おにぎり。


お惣菜を眺めて、今朝作ったポテトサラダと見比べます。

私の手作りも負けてないと変な競争心です。


そこから、逆回り、乳製品を眺めてお肉お魚野菜果物、と。


最近はお野菜をかんたん酢に漬けておいて食べる習慣ができて、毎日お野菜を買っているので、タンパク質は不足ぎみだからの思いが要冷蔵を先に見るようにさせているみたいです。


今消費するものと近い未来、冷蔵庫や貯蔵スペースを眺めて元気が出てくるものを意識して見るようにしています。


小さい冷蔵庫なので限界はありますが、文明の利器に感謝です。


当たり前だと思っていたことを当たり前じゃないと思うと、ありがたく(有るのが難しい)となるのですね。 


いくつ言えるかな。



◇よく眠れること


過眠症ぎみだけど、不眠症ではなく、寝る場所があって、真っ暗にして(しなくても)眠れます


◇食べられること


好きなものを好きなだけ食べられます


◇動けること


思い立ったらすぐに動けます。

今日は、携帯のアラームに起こされました。

ひとりなので、クレームを聞くことはありません。


自分の体が健康だということが感謝の源でした。








ありのままってどういうこと?!

ちょいちょいブログを読み返してみています。


自分のことなのですが、この人めんどくさくて大変そう、、もっとシンプルに考えればいいのにって、ふっと他人事のようにみえてきます。


理想が高いのよと言われたこともありますが、ただ混乱しているだけかもしれません。


いろんなしがらみやおつきあいがありますが、どんな状況でも、言いたいことを言えて、前向きに高め合う環境にいるには、精神的にも肉体的にも独立をしていて、不足分を補えるくらいがちょうど良いのかもしれません。


見たままで、聞いたまま、ありのまま、を受け入れられる、環境です。


学歴もある女性が選んだのは、同じ経済力のある人のもとで学んだ学歴がない年下男性でした。


感情と信用を選んだ2人のお顔には曇りなく、同じ表情でした。


自分へいろんなしがらみの魔法をかけた人が素に戻ったお顔です。


お笑い芸人とアナウンサーの結婚が思い出されます。


学歴がある彼女の変遷をある期間ですが目の当たりにしてみて、家柄も学歴もなんぼのものか、と感じ清々しささえあります。








ぐうたらなのかしら。

今日は早めのお墓まいりに行きました。


涼しかったので歩きやすかったです。


そのあと、うたた寝をしたのに、まだ眠いです。


おそらく過眠症です。